オーガニックの基本を知ろう!有機栽培 特別栽培 自然栽培の違いとは?



こんにちは!

青山ひかりです。

最近冷え込みが激しくなってきましたね^^

先日マルシェで無農薬みかんを見つけまして♡

こんな感じでほっこり食べておりました 笑

(こういった時間が至福の時間ですね♡)

さてさて、今回はインナービューティーの

“基本のき”

オーガニック♡Organic

についてお話していきたいと思います!

LINE@でも質問をいただいていました^^

『オーガニックって体に良さそうだけど詳しくは分からないなぁ』

LINE@読者さんのように栽培方法は多くの種類があるので分かりにくいですよね(>_<)

私も食を勉強するまで野菜の栽培方法に違いがあることすら分かりませんでしたので安心してくださいね^^

さっそくオーガニックについて分かりやすく深く一緒に学んでいきましょう!

オーガニックの基本を知ろう!

Only one girlの記事を読んでくださっている方はオーガニックという言葉を聞いたことがあるかもしれません。

また食べ物やコスメで取り入れている方も多いのかな?と思います♡

みなさんにとってオーガニックという言葉はどんなイメージがあるでしょうか?

比較的このようなイメージを持たれている方が多いかもしれません。

これが面白いことに日本のオーガニックに対するイメージと海外のイメージは異なることが多いのですね。

こちらに関しては後ほど詳しく書いていきたいと思います。

オーガニック 有機とは何だろう?

オーガニックと有機という言葉がありますがこれらの意味は同じです。

農薬や化学肥料に頼らないものを言います。

つまりお水や太陽、土地や生き物などの自然の恵みを生かして作られた栽培方法や加工方法のことですね^^

国際有機農業運動連盟(IFOAM)はオーガニックについて

【生態系、健康、公正、配慮】

こちらの4項目を挙げています。

また、環境に優しいというイメージをお持ちの方もいらっしゃるのではないかと思います。

オーガニックは農薬や化学肥料を使わないことで自然環境にも優しいので環境や自然に優しいのですね^^

オーガニックのものだから安心なの?

そういった疑問を持つ方も多いかもしれません。

ですがオーガニック=全てが安心安全と100%言うことは私は難しいかと思います。

例えばオーガニックのマークの象徴でもある有機JASマークはご存知でしょうか?

有機JASマークを一つの目安にするのにはとても良いのですが

オーガニック認証を受けていない野菜や果物の中にも農薬や化学肥料を使わずに育てている個人の農家さんがたくさんいらっしゃいます♡

このことをこの機会にぜひ知っていただけたらと思います。

実際に有機JASマークを取得するには莫大な費用がかかるのですね。

つまり大きな業者や会社が取得しているものの、個人で人と環境に優しい良いものを作りたいと頑張っている農家さんには手の届かない状況になっているのです。

実際これまで農家さんの遠征に行ったときに有機JASマークを取得をしていないものの無農薬、無化学肥料で野菜に愛情を込めて作ってらっしゃる方がたくさんいらっしゃいました。

ですのでオーガニックは一つの目安として食べ物を選ぶときは旬産旬消 地産地消を心がけてくださいね♡

オーガニック基準を定めているものとは?

オーガニックは食べ物に限らずコスメなども最近では主流となってきていますよね^^

日本で定めているオーガニック基準はご存知でしょうか?

現在国が定めているものは

『有機加工食品』『有機農産物』

『有機飼料』『有機畜産物』

お魚などはあまり認証を見たことがない方が多いと思いますが

その理由として国がオーガニック基準を定めていないからなのですね^^

オーガニックコットンやコスメに関しては責任者がオーガニックについてデータや根拠をで示しています。

⚠︎参考文献 日本オーガニック&ナチュラルフーズ教会



自然栽培 有機栽培 特別栽培の違いとは?

オーガニックを勉強すると有機栽培の他に色々な栽培方法があることに気づく方が多くいらっしゃると思います。

一見同じように思いますがそれぞれ異なる部分があるのですね。

♡有機栽培 オーガニック
・公的機関の認証が必要
⇨年に1回審査と検査が必要

・定められた農薬や化学肥料を使用しない

・植物性または動物性の有機肥料を使用している可能性がある
 (動物のふんや尿 米ぬかや堆肥など)

 

♡自然栽培
・公的機関の認証は必要なし

・一切の農薬や化学肥料を使用しない

・植物、動物性の堆肥も不使用

 

♡特別栽培

農林水産省の特別栽培農産物に係る表示ガイドラインに沿って栽培された農産物

(農産物が作られた地域の慣行レベルと比較して節減対象農薬の使用回数が50%以下、化学肥料の窒素成分が50%以下で栽培されたものを言います^^)

⚠︎参考文献 農林水産省HPより

  新鮮で美味しい野菜を食べたい!

『安心安全な野菜や果物はどこで買えますか?』

読者さんからもよく質問でいただくのですが

普段私の場合は農薬や化学肥料を使用していない農家さんから通販で野菜を送っていただいています。

今回は私もよく利用する無化学肥料無農薬で栽培しているお野菜の通販・無添加食品が手に入るのサイトも併せて紹介したいと思います^^

ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです♡









通販ですと季節に合った新鮮なお野菜や果物が手に入るのが嬉しいですよね♪

また、農薬や化学肥料を使わないお野菜や果物は皮ごと丸ごと食べられるので栄養たっぷりなのです♡

また、オーガニックマルシェなどですと通常の自然食品店よりお手頃な値段で購入できることも多いのでぜひ足を運んでみてくださいね!

いかがだったでしょうか?

関連記事もぜひ併せて覗いてみていただけたら嬉しいです♡

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます^^

《関連記事はこちらから》





《LINE@のお友達登録はこちらから》

感想やメッセージWelcomeです♡
(みなさんからいただく温かいコメントに感謝です)

The following two tabs change content below.
青山ひかり

青山ひかり

青山ひかり インナースタイリスト 現在学生の傍ら女性のための健康 美容情報をお届けするOnly one girlのWebマガジンを運営。 17歳の時に突如食物アレルギー、アトピーや肌の疾患、ストレスによる過食などの様々な心と体の不調を発症したことをきっかけに食事療法、自然療法などを実践して改善させる。この経験から不調改善のための心と体の整えるセッションを2年前に開始。 その後イギリス、マルタに留学をきっかけに海外の暮らしやオーガニックライフ情報・自身の食物アレルギーの経験から、アレルギーを持つ方でも安心して食べられる除去食レシピを配信するライターを経験。 《ラジオ出演歴》沖縄FMラジオ・かわさきFMラジオ・レインボータウンFM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

青山ひかり

青山ひかり インナースタイリスト 現在学生の傍ら女性のための健康 美容情報をお届けするOnly one girlのWebマガジンを運営。 17歳の時に突如食物アレルギー、アトピーや肌の疾患、ストレスによる過食などの様々な心と体の不調を発症したことをきっかけに食事療法、自然療法などを実践して改善させる。この経験から不調改善のための心と体の整えるセッションを2年前に開始。 その後イギリス、マルタに留学をきっかけに海外の暮らしやオーガニックライフ情報・自身の食物アレルギーの経験から、アレルギーを持つ方でも安心して食べられる除去食レシピを配信するライターを経験。 《ラジオ出演歴》沖縄FMラジオ・かわさきFMラジオ・レインボータウンFM