野菜や果物の残留農薬を落とす方法♡自宅で簡単に除去できる野菜洗剤・重曹の活用方法



こんにちは。

青山ひかりです^^

新年明けましておめでとうございます。

LINE@でもたくさんのメッセージをいただき感謝申し上げます。

2018年もひかりワールド全開で記事の更新もしていきたいと思います。

さて、今回は体に毒素を溜めないためにぜひ家庭で取り入れていただきたい残留農薬除去の方法についてお話したいと思います。

農薬はこれから妊娠される方や小さなお子様をお持ちの方は気にする方も多いかもしれません。

私自身食物アレルギーの原因は農薬だったことでこれまでも様々な農家の方のお話を聞いて知識をインプットしてきました。

できれば農薬を使いたくないが生計を立てる上で仕方がないという理由で使用されている方も多くいらっしゃいました。

農薬や化学肥料については様々な意見があると思いますが、

今回は誰でも簡単にできる農薬除去方法について記事にしていきたいと思います。

野菜や果物の残留農薬の問題点とは?

できれば農薬を使用していないお野菜や果物を選ぶことが理想ですが、

日本のスーパーでオーガニックの野菜を手に入れることは難しいですよね。

最近では以前に比べて普及していますが、

ヨーロッパに比べると農薬や添加物の規制もゆるく食の安全が心配されています。

また、日本の農薬使用は世界トップレベルなのです。

農薬は脳や神経系への影響、その他発がんリスクを高めるため海外では規制されている農薬も現在日本では使用されています。

私が留学していたマルタやイギリスでは普通のスーパーに当たり前のようにBioの食品が手に入りました。

詳しくはこちらの記事も参考に♡

残留農薬の野菜や果物を体内に取り入れることですぐに影響されることはありませんが、毎日体に取り入れることで蓄積してしまいます。

特に海外から輸入された果物や季節から外れたものは農薬を使う量が多いのです。

できれば旬産旬消を心がけるようにしましょう。

果物の残留農薬で多いものがいちご、りんご、桃、ラフランス、ぶどうなど。

また野菜はほうれん草、トマト、ピーマン、パプリカ、セロリなど。

特に小さなお子さんは大人よりも農薬が吸収されやすくいため影響を受けてしまうこともあるのです。

今回自宅で簡単にできる除去方法を学んでできるだけ体に取り入れないようにしましょう。

自宅でできる残留農薬の落とし方

♡重曹を活用しよう

まず一番お手頃にできるのが重曹水につける方法です。

完全な無農薬の野菜や果物でない限り、農薬が残っている可能性があります。

無農薬のお野菜が手に入らないという方にオススメの方法。

①水が入った大きいボウルの中に重曹を2杯ほど入れます。

②よく混ぜて重曹を溶かしていきます。

③ボウルにつくった重曹水の中に野菜を60秒ほど浸しましょう

*浸した後は、できるだけよく水で洗い流すようにしてください。

♡野菜洗剤で洗う

次に紹介する方法が野菜洗剤で洗う方法です。

ただ注意していただきたいのが必ず無添加のものを選ぶようにしましょう。

合成界面活性剤などの石油由来成分でつくられた洗剤では洗うことは控えましょう。

野菜洗剤は現在様々なものが売られていますが、私がオススメする野菜洗剤はこちら。

特にベジセーフは水だけでは洗い流すいことができない農薬を洗い流してくれます。

ホタテ貝殻でできた野菜洗剤はご存知の方も多いかもしれません。

我が家では無農薬野菜を農家さんから直接定期宅配してもらっています。

*有機栽培や無添加食品の宅配通販についてはこちらの記事も併せてご覧くださいませ。

できれば農薬使用量の多い野菜や果物は値段が高くても無農薬を選ぶようにしましょう。

無農薬のお野菜などは手間暇がかかるため価格が普通のものよりも高めです。

ですが、丸ごと皮も食べられる上、味も濃くて野菜の美味しさをより一層感じることができます。

いかがだったでしょうか?

今回紹介した方法をぜひ家庭でも取り入れてみてくださいね^^

こちらの記事も参考に♡

♡青山ひかりの読んで実践する体質改善レッスン

これまで私自身が克服した心と体の不調の全身アトピーと食物アレルギー、生理痛、過食症状など。

5年間の歳月を通してインプットしてきた知識を凝縮させたものをまとめました。

今回書き下ろした全てのノートは有料で販売していますのでその分かなり濃い内容をお届けしています。

全て5000字以上。原稿用紙400字×15ページ分の書き下ろしです。

WebマガジンやLINE@では配信していない私が普段毎日使用している食べ物や調味料の名称など細かく記載してあります。

Lessonは随時更新していきます。

食事を通して慢性の不調を改善させたい方にオススメです。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

hikari

青山ひかり インナースタイリスト 現在学生の傍ら女性のための健康 美容情報をお届けするOnly one girlのWebマガジンを運営。 17歳の時に突如食物アレルギー、アトピーや肌の疾患、ストレスによる過食などの様々な心と体の不調を発症したことをきっかけに食事療法、自然療法などを実践して改善させる。この経験から不調改善のための心と体の整えるセッションを2年前に開始。 その後イギリス、マルタに留学をきっかけに海外の暮らしやオーガニックライフ情報・自身の食物アレルギーの経験から、アレルギーを持つ方でも安心して食べられる除去食レシピを配信するライターを経験。 《ラジオ出演歴》沖縄FMラジオ・かわさきFMラジオ・レインボータウンFM