美容院に行かずにサラサラヘアを維持するトリートメント・ヘアケア方法の秘密♡



こんにちは。

青山ひかりです♡

みなさん、突然ですが、

冬の髪の毛のお手入れが扱いにくい時はありませんか?

また、こんなお悩みを抱えていっしゃいませんか?

  • くせ毛で髪の毛がはねやすい
  • 髪が乾燥しやすい
  • 枝毛が多くて朝のお手入れが大変

今日は私が普段している髪の毛のお手入れ方法についてお話したいと思います♡

今からお話する方法を実践して自宅で簡単に髪の毛をサラサラヘアに蘇らせましょう^^

ハリとコシのある髪質をつくるために大切なこと

私も以前はくせっ毛で髪の毛のお手入れが大変でした。

ですが、髪の質は年齢とともに変化します。

また、髪の毛は普段の食事も関係があります。

質の悪い油や脂肪分を摂取しているとその分髪に栄養がきちんと届くなるため抜け毛の原因にも繋がります。

髪に良い栄養素はミネラルやビタミン、タンパク質

たんぱく質は髪の構成成分であるので非常に大切な栄養素の一つです。

食物繊維やミネラルが豊富な海藻類や黄色野菜も併せて積極的に摂取することを心がけてください♡

サラサラヘアになる髪のお手入れ方法

以前は私は美容院に行くときにトリートメントをしていたのですが最近では自宅でヘアケアをしています。

『自分の髪の毛なので自分でもっとちゃんと大切にケアしよう』

そう思ったことがきっかけでした。笑

昔は髪の毛がボブ位の長さだったのですが、

最近は大好きな中国人のモデルに憧れて伸ばしています♡

私は毎日コテを使うので髪にとってはダメージが大きく、毛先が枝毛になってしまうことも多くありました。

ですが、毎日のケア方法で枝毛や抜け毛を予防することは可能なのです!

読者さんからも質問をいただいていたのでお答えしていきたいと思います♡



シャンプーの正しい選び方とは?

髪の毛のケアの基本となるシャンプー選び。

最近では本当に種類が多く何を選んで良いかわからなくなってしまう方も多いかもしれません。

私は必ず界面活性剤不使用のシャンプーを使っています。

以前クライアントさんで背中ニキビでお悩みの方がいらしたのですが、

私が普段使っているオーガニックのシャンプーを勧めたところ

『綺麗に治りました!』と嬉しいご報告をいただきました。

界面活性剤不使用のシャンプーを選ぶ理由

界面活性剤の種類によって、洗浄力の高さや頭皮への刺激の強さなども違います。

シャンプーの原料を見るとわかるのですが、

硫酸と記載されている成分が配合されています。

これが界面活性剤の名称です。

硫酸系の中でも特に注意したいのが、ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na。

ラウリル硫酸Naは分子の非常に小さい成分のため必要以上に頭皮や髪に浸透しやすいです。

その浸透力の高さがトラブルの元となってしまうことが多いです。

次のラウレス硫酸Naですが、

ラウリル硫酸Naの分子を大きくし頭皮や髪への浸透力を抑えたタイプの界面活性剤です。

頭皮に必要な皮脂まで洗い落としてしまうので乾燥や頭皮湿疹の原因となる可能性が多くあります。

最後にオレフィン(C14-16)スルホン酸Naは硫酸系の界面活性剤とは違い植物由来の界面活性剤なのです。

植物由来の界面活性剤であるので石油系のものよりは刺激はやや弱めといわれています。

ただ、洗濯用洗剤や住居用洗剤の洗浄剤としても使用されている成分ですので洗浄力はかなり高いです。

ちなみに私はこちらの界面活性剤不使用のラカスタシリーズを使っています♡

髪質や気になるポイントによってアプローチできるのでオススメです。

香りも癒されるものが多いのでリラックスできます。

私はこのシャンプーとリンスをした後、

こちらの洗い流さないトリートメントをタオルドライする前に染み込ませています。

ハーブエキスの匂いが私好みなのです♡

このオイルを毛先まで十分染み込ませます。

その後髪の毛を乾かす前にこちらのヘアスプレーを使っています。

ドライヤーの熱を守る自然由来のヘアスプレーをやっと見つけたのがこちらのオーブリーチアヘアスプレーでした^^

このスプレーは石油系合成化学成分一切不使用なんです♡

なので肌が弱い方でも安心して使えるのが嬉しいです。

コテで髪の毛を巻く前にも必ずこちらのヘアスプレーを熱から守るために使っています。

それと併せて右の朝摘薔薇水を髪の毛から全身にお風呂から上がるとスプレーしています^^

これはバラの芳香蒸留水なのですが、化粧水としても使えるので一本持っていると役立ちます♡

 ドライヤーやコテのダメージは髪にとって大きいのでケアをしっかりするだけでサラサラになれます。

ドライヤーの熱のダメージを受けない髪の乾かし方

美容師さんに教えていただいたのですが、

私は必ず髪を乾かす時は根元から乾かすようにしています。

その理由として毛先から乾かすと余計に髪のダメージが大きいのです(>_<)

なるべく根元にドライヤーを当てることを心がけましょう♡

また、仕上がった巻き髪をキープしたい時にはこちらの巻き髪キープ剤を使っています。

どうしても髪型を崩せない時はキープ力の高い市販のケープを使用しています。

ラカスタのキープ剤でもしっかり持つのでオススメです^^

ケープのようなキツイ臭いもないのでストレスもないです♡

くせ毛やハネがある時はシエラオーガニカのワックスを使っています♡

こちら、原材料が全て自然由来なのでハンドクリームとしても使えるので便利です^^

以上、私のヘアケア方法でしたがいかがだったでしょうか?

自分で丁寧にヘアケアすると髪の毛もそれだけ応えてくれます♡

頭皮にも優しいシャンプーやヘアケアを継続して使うことで髪もサラサラツルツルになってくれます。

ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです♪

LINE@での質問・感想お気軽にお寄せくださいね♡

ただいまたくさんの読者さんからコメントをいただいて嬉しい限りでございます(>_<)

お返事にお時間がかかってしまうことがございますが全て読ませていただいています!

みなさんの温かいコメントは励みになっています♡

いつも本当にありがとうございます^^

.
《関連記事はこちらからどうぞ》







 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

hikari

青山ひかり インナースタイリスト 現在学生の傍ら女性のための健康 美容情報をお届けするOnly one girlのWebマガジンを運営。 17歳の時に突如食物アレルギー、アトピーや肌の疾患、ストレスによる過食などの様々な心と体の不調を発症したことをきっかけに食事療法、自然療法などを実践して改善させる。この経験から不調改善のための心と体の整えるセッションを2年前に開始。 その後イギリス、マルタに留学をきっかけに海外の暮らしやオーガニックライフ情報・自身の食物アレルギーの経験から、アレルギーを持つ方でも安心して食べられる除去食レシピを配信するライターを経験。 《ラジオ出演歴》沖縄FMラジオ・かわさきFMラジオ・レインボータウンFM